糸棚から木棚へ

STUDIO FEVEのアトリエ、もとはネクタイ工場だった織屋さんの倉庫でした。

倉庫内には昭和30年代当時のネクタイ用の糸が大量に残されていました。光沢があり色も様々な糸たち。いただいたそれらの糸を飾るべく、古い木箱をリメイクしてDIYで棚をつくったのがもう2年以上前のことです。

この春から木工をはじめ、いよいよWood turningの旋盤をいれることになったので、木工仕様の空間にすべく、先日泣く泣くお気に入りの糸を片付けました。古い地味な空間に彩を添えてくれる存在だったから、木を収納するだけの棚にするのもなんだかつまらなくて、ついつい いろいろ飾ってしまいました。

まだまだ発展途上の自作カトラリーを並べたり 本棚の本のように木を並べたり

あれやこれや楽しんでいますが、きっとこれらもおがくずまみれになって姿が見えなくなる日が来るのだろうな。その時は、またちがった様子になることでしょう。シンプルな棚だからいかようにも使えます。DIYでつくった棚もなかなかなもんです。

STUDIO FEVE (スタジオフェブ)は、東京 多摩 八王子で 建築設計・DIYサポート・DIYリノベーション・家具製作・空き家事業を行っています